【葉酸の役割】いつからいつまで使えばいい?厚生労働省推奨の量は?

葉酸とは水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群に分けられます。

水溶性ですので体内に貯蔵しておくことが難しく、日々の食事やサプリで補いつつ毎日摂ることがいいとされています。

葉酸は時期によって必要とされている量が異なります。

妊活~妊娠初期(16週目頃) 妊娠中期~授乳期
480㎍ 240㎍

葉酸を十分な量摂取することで期待できる効果としては、

  1. 胎児の神経管閉鎖障害のリスクの低減
  2. 細胞の生産や再生の活性をサポート
  3. 虚血性疾患の予防

などがあるとされており、中でも1の胎児の神経管閉鎖障害のリスクの低減を目的とした葉酸の摂取は厚生労働省も推奨しております。

葉酸アプリを用いて摂取する際気を付けなければならないのは過剰摂取です。

耐容上限量は1日900㎍~1,000㎍(年齢で差があり)とされており、それ以上の摂取は胎児の喘息のリスクが上るというオーストラリアでの研究データも発表されています。

出典:STUDY LINKS FOLIC ACID SUPPLEMENTS TO ASTHMA

ショウガ葉酸なら、葉酸やその他の成分の摂り過ぎにも最大限考慮されており、過剰摂取の心配は必要ありません。

1日1粒の用量を守るだけなので簡単で安心です。

ショウガ葉酸の口コミと効果はウソ!?冷え性対策と温活もできるサプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました