温活に有効!生姜成分「ショウガオール」「ジンゲロール」について

生姜に含まれる体を温める成分は大きく2つあります。

生姜に含まれる温活成分
  • ジンゲロール
  • ショウガオール

ジンゲロールとは生姜の辛み成分の1つで、生の生姜に多く含まれています。

とても強い殺菌力を持っており、臭みの強い料理の臭い消しなどにもしばしば用いらており、食中毒の予防などにも効果を発揮します。

さらに抗菌作用も確認されており、風邪やインフルエンザなどのウイルスに対しても有用で、体内に入ってきた感染源の撃退が期待できます。

ショウガオールとはジンゲロールを熱した際に生産される物質で、手や足先の冷えにとても効果があると言われています。

一定量を体内に取り込むと毛細血管の拡張を促し、体全体がぽかぽかしてきます。

鎮痛作用や消炎作用もあるようで、風邪の症状である頭痛や関節痛にも効果が期待できます。

ショウガ葉酸以外でのおすすめの摂取方法は、

  1. 豚の生姜焼き
  2. 生姜湯
  3. 生姜紅茶

などがあり、どれも寒い季節や風邪・冷え性の方には効果が期待できます。

日々の習慣に取り入れることで効果も持続し、症状の緩和にもつながるので、継続することが肝要です。

ショウガ葉酸なら1日1粒摂るだけで、充分な量の生姜成分が摂取できます。

ショウガ葉酸の口コミと効果はウソ!?冷え性対策と温活もできるサプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました